TOP > Beer_style

ホワイトエール

White Ale

"ヴィットビール(オランダ語: witbier、英語: Belgian style white ベルジャンスタイルホワイト、フランス語でビエール・ブランシュ;bière blanche )は大麦の麦芽と麦芽化していない小麦で造られる上面発酵のエールで、主にベルギーで醸造される。他にはオランダ などで醸造される。酵母と小麦タンパク質により、冷やすとビールが濁り、外観は黄色がかった乳白色である。ホップを使用せず。香辛料や他の植物を調合した「グルート(gruit)」で風味付けと保存加工をし、醸造した中世のビールの末裔である。このため現在もグルートを使用しているが、コリアンダー、オレンジ、ビターオレンジ、ホップで作られる。したがってホップの風味は僅かであり、夏向けで非常に爽快な味わいである。このビールは乳酸のため多少酸味がある[7][8]。ビールに残る酵母は、瓶の中でもいくぶんの発酵を続ける。
ヴィットは他の白ビールと異なりグルートを使用する。フランスの法律(この地域は14世紀にはフランス領域であった)で、グルートにホップを使用することは禁じられていた。ヴィットは小麦麦芽に加えて麦芽化していない生の小麦を使用して作られる。
一時、絶滅の危機に晒されていたが、ピエール・セリスが復活させたスタイルである。
代表的な銘柄にはベルギー産のヒューガルデン・ホワイト、米国・カナダ産のブルームーンなどがある。"

Wikipediaより引用 : https://ja.wikipedia.org/wiki/白ビール

関連ビール

他のビールスタイルを見る

このページを共有する

広告を出しませんか?

クラフトビールのブログ

東京都のクラフトビール

地域から探す

お住いの都道府県、駅からクラフトビールの飲める場所を見つけることができます

アカウントを作成しませんか?

詳しくはこちらから

Twitterで簡単登録できます

新規登録 or ログイン

おすすめのクラフトビールの本です。面白いです