TOP > Beer_style

ブラウンエール

Brown Ale

"ブラウン・エールは色の濃い大麦麦芽を使用する。イギリスのマイルド・エールとベルギーのオード・ブラインが例である。ホップが軽く、かなり口当たりのよい風味であり、ナッツの味がすることが多い。イングランド南部では、濃い茶色でアルコール度数は 3〜3.5% であり非常に甘い。北部では赤茶色で 4.5〜5% で甘みが少ない。イギリスのブラウン・エールは1900年代はじめに現れ、マンズ・ブラウンエールとニューキャッスル・ブラウンエールが最も知られている。1980年代前半に北アメリカの地ビールで、このスタイルが人気となった。ピーツ・ウィキッド・エール (en:Pete's Wicked Ale) が例であり、イングランドのオリジナルと同様だがかなりホップが効いている(ピーツ・ウィキッド・エールは2000-2001年醸造シーズンにホップの減量、チョコレート・モルト不使用、およびカラメル・モルトの増量という製法変更を行ったため、それ以前とはかなり異なる味わいとなっている)[6]。"

Wikipediaより引用 : https://ja.wikipedia.org/wiki/エール_(ビール)

関連ビール
History

他のビールスタイルを見る

このページを共有する

広告を出しませんか?

クラフトビールのブログ

東京都のクラフトビール

地域から探す

お住いの都道府県、駅からクラフトビールの飲める場所を見つけることができます

アカウントを作成しませんか?

詳しくはこちらから

Twitterで簡単登録できます

新規登録 or ログイン

おすすめのクラフトビールの本です。面白いです